インターネットでコンピューターの世界が広がります。

踊るびあほりっく

Chromebook

【Chromebook】おすすめの「テキストエディタ」はどれ?サクラエディタやTera Pad、秀丸から卒業しよう!

投稿日:

 

Chromebookは最高にクールなPCですが、アプリケーションの選択の幅がまだまだ狭いのが唯一の弱点でしょうか。「サクラエディタ」「秀丸」「Tera Pad」などのWindowsでメジャーなテキストエディタは、どれも使うことができません

 

これらを普段使いしている方はChromebook購入に伴って卒業しなければなりません。

でも大丈夫。Chromebookで使えるテキストエディタはたくさんあります

 

 

Chromebookで使えるテキストエディタ一覧

Chromebookで使えるテキストエディタをまとめました。

 

高機能を売りにしているテキストエディタはあまりなく、基本的には使いやすさ(シンプル)をコンセプトにしているものばかりです。このためテキストエディタをゴリゴリ使って開発をしたい方にはちょっと物足りないかもしれません。

 

ちなみに僕のおすすめは「TEXT」、「Writebox」です。

 

TEXT(無料)

Chromeブラウザ拡張機能

画像: TEXT

 

 

Google Play非対応のChromebook(=Androidアプリがダウンロードできない機種)でも問題なく使える、Chromeブラウザの拡張機能(プラグイン)としてのテキストエディタです。

 

UIが非常にシンプルではあるものの、プログラムのコードのシンタックスハイライトもしてくれるし必要十分な機能は揃っています。基本的にはこのテキストエディタがあれば事は足りると思います

 

 

Jota+(無料)

Androidアプリ

画像: Jota+

こちらはChromebookの拡張機能(プラグイン)ではなく、Google Playでインストールを行うAndroidアプリです。

 

読み方は「イオタ・プラス」です。機能が比較的豊富なわりに動作は軽快で、ブロガーの文章執筆との相性はかなりいいと言えるでしょう。

 

Jota+(イオタ・プラス) は、 Android用の本格的なテキストエディタです。

Jota+は使いやすく、充実した機能・性能を備えたテキストエディタです。

文書執筆用途にも、プログラミング用途にも、最高のテキスト編集体験を提供します。

 

 

Writebox(無料)

Webサービス

 

インストールが一切不要なWebアプリです。ただしWebアプリなので、オフラインでは一切使用できません

※以前はインストール型のAndroidアプリでした。

 

アクセスするとわかると思いますが、真っ白なキャンバス以外になにもないという超シンプルなテキストエディタです。

 

 

Writer Plus(有料)

Androidアプリ

画像: Writer Plus

 

 

Quoda(無料)

Androidアプリ

画像: Quoda

 

 

QuickEdit(無料)

Androidアプリ

画像: QuickEdit

 

 

スポンサーリンク

-Chromebook

Copyright© 踊るびあほりっく , 2018 All Rights Reserved.