インターネットでコンピューターの世界が広がります。

踊るびあほりっく

v6プラス

【ZOOT NATIVE】v6プラスの類似サービス?インターリンクでIPv6 IPoE接続(transix接続)をする方法。

更新日:

transixロゴ

画像:transix ロゴ|インターネットマルチフィード

この記事ではインターリンク社の「ZOOT NATIVE(ズット ネイティブ)」でIPv6 IPoE接続を利用する方法をまとめてみました

ZOOT NATIVEは正直、めちゃくちゃ高い

手順までまとめておいてなんですが、ZOOT NATIVEはめちゃくちゃ高いサービスです。

2ヶ月無料のお試し期間は非常に優れているものの、あんまりおすすめできるインターネットサービスの部類ではないことは確かでしょう。

なぜおすすめできないのでしょうか?

それは、

「 フレッツ光料金とは別に+2,000円/月ものプロバイダ料金が請求される 」

ことが理由です(合計で5,000円前後もかかる)。

フレッツ料金(3,350円~)+ZOOT NATIVE料金(2,000円)=5,350円~

マンションタイプ2(16戸以上契約が見込める建物)の場合

プロバイダ料金込みで3,000円台が主流となるこのインターネットの時代、5,000円近くものお金をかけられる世帯はあまり多くないでしょう。

ZOOT NATIVEを使うなら、無料でIPv6 IPoE接続ができる「v6プラス」を使う方が個人的にはおすすめです。

【v6プラス】無料オプションで爆速に!「遅い」「重い」を解決するおすすめのネット回線(プロバイダ)&ルーター

遅いネット回線はv6プラスにより無料で解決しましょう。2018年現在のv6プラス対応のネット回線(プロバイダ)&ルーターをまとめました。

続きを見る

【実践編】ZOOT NATIVEでIPv6 IPoE接続を利用する方法

ZOOT NATIVEでIPv6 IPoE接続を利用してみました(2ヶ月無料、違約金なしなのでこの点のメリットは破壊力抜群です)。

その時の接続手順を以下にまとめてみます。

事前準備

ZOOT NATIVEによるtransixを利用するにあたって、まず以下のものを事前準備します。

  • transix対応ルーター
  • フレッツ光の「開通のご案内」
  • 有効なクレジットカード

今回のブログ記事では、IODATA製のWN-AX1167GRを使用します。下の記事でも接続方法を紹介していますので参考にしてください。

【v6プラス】IODATA製ルーター「WN-AX1167GR」の接続設定方法(IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6)

【2018年最新版】v6プラスに対応したIODATA製ルーター「WN-AX1167GR(/v6)」を使って接続設定する方法です。

続きを見る

本機はtransix対応の市販ルーターとしてはかなり安く、設定画面もシンプルなので初心者にもおすすめです。

Step1:サービス申し込み

以下のインターリンク社のZOOT NAITVEのページから、お申込みのバナーをクリックします。

参考リンク

ZOOT NAITVE

(インターリンク 「ZOOT NATIVE」ページ)

インターリンク 「ZOOT NATIVE」ページ

申し込み画面は案内に従って手なりで進めれば大丈夫です。

NTTとの契約情報はお客様番号(CAF~)やアクセスキーだけではなく「回線タイプ」の入力も求められるため注意が必要です。

(回線タイプの入力)

回線タイプの入力

この「回線タイプ」はフレッツ光の「開通のご案内」の裏面にある◯◯タイプの記載で確認できます

ご契約時の回線の種類の確認方法

以下の赤枠内の「***」部分に記載されている情報をご確認ください。

ご契約時の回線の種類の確認方法

申込みが完了すると以下のようなメールが届くので確認しましょう。

このメールが届けばすぐにZOOT NATIVEは利用可能です

 ◯◯ 様

 この度は「ZOOT NATIVE サービス」をお申し込みいただき誠にありがとうございます。

 以下サービスの登録作業が完了いたしましたので、ご利用いただきますようお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ご契約サービス情報
━━━━━━━━━━━━━━━

 【ご契約者名】: ◯◯ 様
 【メンバーID】:xxxxxxxxx

 【ユーザー名】:xxxxxxxxxx
 【お客さまID(CAF/COP番号)】:CAFXXXXXXXX

 「INTERLINKマイメニュー」 https://ias.il24.net/mymenu/ より
 料金・契約情報の確認や住所変更など登録情報の変更ができます。
 ※マイメニュへのログインには、メンバーIDとパスワードが必要です。 

Step2:ルーターセッティング

transix接続に対応した市販ルーターのセットアップを行います。

具体的な手順は以下の記事に記載の通りですが、ルーター管理画面の設定だけはv6プラスではなく「transix」のラジオボタンにチェックを入れて設定ボタンをクリックします

【v6プラス】IODATA製ルーター「WN-AX1167GR」の接続設定方法(IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6)

【2018年最新版】v6プラスに対応したIODATA製ルーター「WN-AX1167GR(/v6)」を使って接続設定する方法です。

続きを見る

(「transix」のラジオボタンにチェックを入れる)

「transix」のラジオボタンにチェックを入れる

Step3:transix接続確認

市販ルーターのセッティングが完了したら、transix接続ができていることの確認を行います。

以下のIPv6テストページにアクセスします。

参考リンク

IPv6テストページ

(IPv6テストページ)

IPv6テストページ

Hostnameの部分がxxxxxxxxxxxx.transix.jpになっていれば、transix接続成功です。ISPは上記画面では「Mf-native6-e」となっていますが、場合によっては以下のいずれかが表示されるようです。

  • Multifeed
  • transix
  • Mf-native6
  • Mf-native6-w
  • Mf-native6-e
  • Mf-transix-
  • Mf-transix-e
  • MF
  • MFEED

と表示されることもあるようです。

以上でtransix接続設定&確認は完了です。お疲れ様でした。

transixの速度は?

自宅環境はVDSL配線が適用されているため回線速度の限界値は100Mbpsに抑えられていますが、IPv6 IPoE接続(transix)によりそのVDSL配線の限界性能値に近い90Mbps超えが常時記録されていました(現在は解約済みです)。

うたい文句に恥じない文句ない速さ、やはりIPv6 IPoEは素晴らしい

(IPv6 IPoE接続(transix) 速度結果)

transix接続 速度結果

夜間の通信速度に悩まされている方はZOOT NATIVEで2ヶ月間、IPv6 IPoE接続(transix)をお試し無料してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

-v6プラス

Copyright© 踊るびあほりっく , 2018 All Rights Reserved.